どんな時も焦らずに。。。

ワイヤーを扱う時、

焦ってしまいがちになるけど、

どんな時も焦らずに

自分の五感を研ぎ澄まし、

ワイヤーとただ向き合うこと。

これは自分の中の基本。

金属のワイヤーと

じっくりと対話しながら、

時間をかけて向き合う事。

そうすれば自ずと見えてくる。

いつの時もどんな時も

焦らずに集中集中♡

指先が弧を描きながら

滑らかに、そしてリズミカルに

ラストに向かうまで。




montreluce〜ワイヤーが奏でるシンフォニー〜

なめらかなラインを紡ぎながら完成させるオンリーワンジュエリーです。 ワイヤーが奏でるシンフォニー。それはそれぞれのワイヤーを編みこむことで また違った表情を表現しながら少しずつ形を変化させ仕上げた芸術作品たちです。 どうぞあなたにピッタリのOnly oneを探してみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000