ふと、向きの事を考えてみる。。。

作品を作ってると

あ・・・これってどうなの?

って事に気づく。


そう、置き方によって

顔が違ってくるからだ。


こうじゃないとダメ!とか

これでいかないとって

思う時もあるけど、

全てを取り払って自由な発想になること。

それは一番大事かも。


形の見え方が全然違うように見えても

それも面白いよね。

芸術ではアリだと思う。

表と裏、ウラとオモテ。

どちらがどんな見え方になっても、

色んな形があってもいいんじゃないかな?

心を曲げないで

ワイヤーを曲げて心踊らせてみようよ。

きっと気づきと発見があるはず。




montreluce〜ワイヤーが奏でるシンフォニー〜

なめらかなラインを紡ぎながら完成させるオンリーワンジュエリーです。 ワイヤーが奏でるシンフォニー。それはそれぞれのワイヤーを編みこむことで また違った表情を表現しながら少しずつ形を変化させ仕上げた芸術作品たちです。 どうぞあなたにピッタリのOnly oneを探してみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000